一度こじれた人間関係は修復するのは難しいですよね・・・

人間関係が原因で転職せざるを得なくなたケース

転職を決意した看護師の方に、その理由を聞いてみたところ、人間関係、給料、やりがいといった意見が多く寄せられています。 ここでは、「人間関係」が原因で転職するケースについて紹介していきます、

先輩との関係がうまくいかない

病院の中には、ダブルチェックを徹底しているところも多く、この場合、他の看護師と協力しなければ業務はすすめられません。

一人ひとりやり方は異なるため、やりづらく感じることもあるかもしれませんが、特に先輩から咎められたり、悪口を言われたりすると、かなりストレスがたまるでしょう。 実際に、先輩や上司との人間関係が上手くいかないことがきっかけで転職を考えることもあるでしょう。

師長と折り合いが合わない

師長の中には、自分より年下の看護師に対しては威圧的な態度を取る方もいるようです。特に、休暇を申し出た時に、誰とどこに行くのか、何をするのか、問い詰められると、休みも取りづらくなります。 看護師の中には、師長にいろいろと干渉されることが嫌で辞めていく方も少なくありません。

医師と合わない

医師と上手くいかないために転職する方もいます。 特に、医師と飲みに行き、いったん親しい関係になると、その後も食事などに誘われることも多くなるでしょう。 しかし、医師が既婚者の場合、あまり親しい関係になることを避けようと、理由をつけて断る方もいますが、断ったことが原因で嫌がらせをされるケースもあるようです。

しかも、仕事に支障をきたすほどの嫌がらせをされるようになれば、仕事もうまくいかなくなり、転職せざるを得なくなってしまうでしょう。

この場合、誘いにのったりすると、逆に医師と不倫をしているなどといった噂が広まり、いずれにしても病院内に居づらくなることでしょう。 実際に、医師と看護師が男女関係が陥り、トラブルに発展することもあります。

仕事を円滑に進めるには、良好な人間関係を築くことが大切です。 どの職場でも、必ず合わない人はいますが、人間関係が原因で業務に支障をきたすのであれば、転職することをおすすめします。 転職して環境が変わることで、上手くいくことも多いです。