患者さんが快適な入院生活を送られるために・・・

ベッドコントロールとは何か?

ベッドコントロールとは、別名「病床管理」とも呼ばれており、入院患者のベッドを稼働させるために、さまざまな調整をしたり、管理することを指します。

病院ばかりではなく、老人施設や介護施設でもベッドコントロールは必要で、空きベッドの数や患者の退院予定などを確認しながら、入院から退院までの計画案を練り、退院日を調整することが主な業務となります。

一般の病院では看護師長がベッドコントロールを行いますが、大規模病院などでは、病床管理をスムーズに行うためにベッドコントロール室を別途設けているところもあります。 また、一般の看護師でもベッドの空き情報や患者の状態をチェックし、求められたら情報を提供することが大切です。

また、入院費用は病院における収入の60%前後を占めるため、ベッドコントロールは大切な業務となっています。 一人でも多くの患者に満足できるケアを施すためにも、ベッドコントロールを効率よく進めることが大切です。

これには、要治療の患者が運び込まれたときに、迅速に患者を受け入れる体制を整えておくこと、ベッドの空き情報を医師に修辞に提供できるようにしておかなければなりません。

病棟勤務であれば、ベッドコントロールは必ず付いてくる業務です。 また、新たな入院患者を受け付けるケースでなくとも、入院中の患者の病室を移動させなければならないこともあります。 さらに、ベッドを移動する場合は、本当にその患者を移動させる必要があるのかどうか、良く検討することも必要です。

自分で身の回りのことができる患者であれば、歩いて移動することが可能であるため、看護師は患者の荷物の運搬を手伝うだけで良いのですが、寝たきりの患者で、呼吸器や点滴を付けている場合、ベッドとともに機器も一緒に移動させなければならず、かなりの力仕事になってしまいます。

そのため、効率よくベッド移動や入院患者を受け入れるにあたって、ベッドコントロール師長を置く病院も多くなっています。